京都旅行 && ICTスクール同窓会 向かう車中にて。


WP_000013

大きな雲である。

雲は全速力で駆け抜けようとする新幹線にひっそりと寄り添い、
こちらを見つめてくる。

そしてその大きな姿を持って私を包み込もうとする。

時代は急速に進化を遂げ、様々な物が古いと言われ、そして皆は新しい概念に飛びつこうとする。
まるで私が今乗っている新幹線、現代の進化というものはまさにそんなものじゃないのだろうか。

WP_000011

時代は常に諸行無常である。
常に変化し形ある物は何れ崩れる。

そして、時代は常に繰り返される。

どんなに急速に時代が変わろうとも、
どんなに世界が変わろうとも、

それらはすべて、ちっぽけな一つにすぎない。

時代の変化にもがき苦しむぐらいなら、
自分の興味のある分野を研究し、楽しく技能を伸ばした方が数倍もいいのではないか。

視野を大きく持て。
まだ「時代の変化は激しい」と感じるならば、それはまだ視野が狭いのだ。

そんなことを、ふと外に見えた、偉大な雲を見て感じました。


 

関連記事