Windows Phone 7」タグアーカイブ

Windows Phone 7 実機で MP4 再生をデバッグ状態で行う。


デバッグ状態、もしくは PCと接続した状態でWP7 で MediaElement を利用して再生しようとすると、
見事に再生されません。

それを解決するには、 Zune ではなく、 WPConnect というツールを利用して、
デバイスと接続する必要があります。

利用方法は以下の通り。

1.Zune を終了する。
image

2.WPConnect のフォルダを開く

フォルダは、
32bit 環境では: C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows Phone\v7.0\Tools\WPConnect
64bit 環境では: C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v7.0\Tools\WPConnect\

にあります。

3.WPConnect を実行する。

image

この際、Zune が起動していると、接続に失敗します。

失敗する場合、タスクマネージャーで Zune.exe が立ち上がっていないか確認して下さい。
image

Windows Phone 7 開発を日本語版 Visual Studio 2010 で行う。


60番煎じぐらいのもう使い古されて困っちゃうぐらいのレベルの事ですが、
一応メモのために。

面倒な場合に備えて、バッチファイルを適当に書きました。
Visual Studio と 開発キットを入れて、次のファイルをダウンロードし、 「管理者として実行」 してください。

x86(32bit 環境) : [WP7JP_SDKINST_x86.bat]

x64(64bit 環境) : [WP7JP_SDKINST_x64.bat]

手動で行う場合は以下の通り。

1.Visual Studio 2010 日本語版を入れる。


2.AppHub から 開発キットをインストール

ダウンロードは下記URL から。
App Hub – windows phone および xbox live インディーズ ゲームの開発

3.下記のファイルをコピー

image

64 ビット版は
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ProjectTemplates\CSharp\Silverlight for Windows Phone\

32 ビット版は
C:\Program Files \Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ProjectTemplates\CSharp\Silverlight for Windows Phone\

ここにある、 1033 というフォルダをコピーし、1041 という名前にする。
(1041 という名前で 1033 をコピーする)

4.以下のファイルをコピー

image

64 ビット版は
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ItemTemplates\CSharp\Silverlight for Windows Phone

32 ビット版は
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ItemTemplates\CSharp\Silverlight for Windows Phone

ここにあるファイルも、先ほどと同様に
1033 というフォルダをコピーし、1041 という名前に変更する。
(1041 という名前で 1033 をコピー)

5.Visual Studio に適用させる

image

Visual Studio コマンドプロンプトを 管理者権限で起動 します。

スタートメニュー > すべてのプログラム > Microsoft Visual Studio 2010
> Visual Studio Tools > Visual Studio コマンドプロンプト(2010)

立ち上がったら、

devenv /installvstemplates

を実行し、完了です。