github」タグアーカイブ

Github 製エディタ ATOM for Windows.


3af1db48-d3dd-11e3-98dc-6066f8bc766f

 

7/4 追記:

http://atom.someguy123.com/#sthash.qFfvJCrT.21QtBbhw.dpbs

ここで自動的にビルドしたやつを公開しているっぽいです。(やっぱし。。)

でも安定版を追っかけてるっぽいので、
git から clone してきて・・とする場合は、やっぱり自分でビルドする必要がありそうです。


GitHub さんが出しているコードエディタ。

何となく話題になっていましたので使おうと思ったのですが、
Mac 版しかバイナリが提供されておらず、
しょうが無いのでソースを取ってきて Windows 向けにビルドしました。

 

やったことはこのページに従っただけ。
https://github.com/atom/atom/blob/master/docs/build-instructions/windows.md

ただ、手持ちの常用環境ではうまくビルド出来ず、
仮想環境を用意してやったところ成功したので、ビルド出来ていない人は多いのかも。

 

リファレンスについてはこのあたりを見ておくととても良い気がします。
http://qiita.com/spesnova/items/d3096d062d70e7385e9d

Mac 用ですが、ここの “cmd” をすべて “CTRL” に読み替えれば大丈夫です。

 

というわけで、以下のリンクよりダウンロード可能です。
(容量が大きいので Google Drive にリダイレクトされます)

( Atom-0.109.0-68f2bd5.zip – Google Drive )
http://go.mimumimu.net/1xqfwoz

ビルドしたバージョンは 0.109.0-68f2bd5 になります。

 

またこのプログラムは MIT ライセンスになります。
http://opensource.org/licenses/mit-license.php
http://sourceforge.jp/projects/opensource/wiki/licenses%2FMIT_license

 


Download Link:

http://go.mimumimu.net/1xqfwoz

Atom-0.109.0-68f2bd5.zip (Google Drive.)

github によるソースコード開示。


みむらです。

制作したソフトウェアは、私が作成した物に関してはすべてソースコードは公開可能なものとして、
以前から要求があった際にはいつでも開示していました。

ただ、github を始めとする、ソースコードを共有するためのツールが近年発展しているのを受け、
こちらでも github を活用したソースコード開示を行う事としました。

ただし、特に昔制作したソフトウェアに関して、2バイト文字をファイル名として利用しているケース、
また、内部に公開出来ない部分が含まれている場合(ライセンス、ソースコードが汚すぎる場合など)に関しては、
公には開示せず、今まで通りの方法を採ることとしました。

随時公開可能となった物に関しては、公開予定でいますが、
別途連絡を頂ければ、いつでも公開可能です。

github : https://github.com/mimura1133/

ではでは。