インストール」タグアーカイブ

CentOS 6.5 に Snorby と Suricata をインストール

どうもみむらです。

IDS というと Snort というイメージも多いかと思いますが、
ふと Google なページをさまよっていたら Suricata というものを見つけましたので、
これを入れてみようかと。

環境としては CentOS 6.5 で Hyper-V 環境。
Windows Server 2012 (Windows 8) 以降の Hyper-V であればポートミラーリングが使えますので
その辺を使いつつ。

今回の環境では eth0 をミラーポートからのデータ受け付け用に
eth1 を管理用に構築してみます。

参考にしたところ:

http://n40lab.wordpress.com/2013/06/02/snorby-in-centos-6-4/
http://n40lab.wordpress.com/2013/05/31/installing-suricata-ids-from-source-centos-6-3/
https://redmine.openinfosecfoundation.org/projects/suricata/wiki/Suricata_Snorby_and_Barnyard2_set_up_guide
https://redmine.openinfosecfoundation.org/projects/suricata/wiki/Basic_Setup

 

Snorby が稼働するとこんな感じの画面が出ます:

image

 

かなりの長文なので「続きを読む」を使っていったん切ります・・

続きを読む

VAIO Pro 13 を Windows 8.1 Pro でクリーンインストールしてみた

どうもみむらです。

なんだかんだ、愛用の VAIO Z さんが不慮の事故に巻き込まれてしまいまして、
お財布から何とか諭吉さんを出して VAIO Pro さんを購入しました。

・・・トラブル発生時用に一定額持っていたのと、
カメラを買おうかなと思って少し貯めていた分がこれで見事にすっ飛びました。
・・・うーん。

さてさて。

VAIO のみならず、メーカー製の PC というのはなぜかいろいろなソフトが付いてくるもんで。
もちろん、それを使う人には良いのですが私の場合は削除したいもんで、
加えてリカバリ後にアンインストールしてもレジストリやどこかのフォルダに残るってんで
出来ることならインストールから阻止したいもの。

・・ってことで、がんばってみました。

882378_741957522523517_353995434965807100_o

結果としてはこのような感じで、
良い感じに最低限のものだけインストールすることに成功しました。

何となくインストーラーの雰囲気から、
VAIO Z や その他の 2010 年以降ぐらいの VAIO であればこの手法が適用できそうな雰囲気ですが
環境が無いので試していません・・。

 

・・とりあえず自分のメモを兼ねて、やり方を。

また、試す場合は事前にリカバリディスクを作成しておいてください。

・・開始した後で戻そうと思って、リカバリメディアが無い場合でも対応できません。。

 

注:
ここで紹介する手順によって発生した損害や問題等に関しては一切責任を負いません。
また、本記事について Sony 側から指示を受けた場合については即刻削除するものとします。

本記事はリスクを負うことが出来、また高度な操作が行える人を対象としています。
また VAIO 関連ファイルについては要求があっても、お渡しすることは出来ません。
ご了承ください。

 

続きを読む

CentOS 5.3 にAPC(Alternative PHP Cache)をインストール。

 

どうも。Mimura です。

最近はいろいろとまた忙しくなってきて、こっちの作業をできる時間がほしいなぁ。と思う今日この頃です。

 

STEP_Mの拡張の件につきましては、本家でありますSTEPの方でベータ版ですが AAC (m4a) のタグ付けがちゃんと行える用になっていましたので、
現在、本家の作者であります haseta 様へ方法をお聞きしているところです。

STEPの方でもアルバムアーティストと作詞者タグに対応された(ベータにて)ようですので、
STEP_Mの意味はもうほぼ薄れているんじゃないか。と思っております。

・・暇ができたら、いっそ1から組み直して UNICODE にネイティブ対応させたいなぁ・・。と密かに野望を抱いています。
そうすれば、各国語のタグとかが化けずにいい感じに・・。

 

閑話休題。

毎度のようにRSSで気になる方のブログをチェックしていまして、
ふと思ったこととして、友人のブログ(本サーバ上で運営されています。)の表示時間にかなり時間を要するなぁ。と。

そんなわけで、WordPress の高速化の目的で、APC (Alternative PHP Cache) を導入しました。

たぶん、本記事の表示に際しても、従来と比較して若干高速化したのではないでしょうか。
(友人のブログについてはかなりレスポンスがよくなりました。)

 

まず、導入に当たり yum コマンドでわんさかインストールします。
(これだから Linux は・・。 Windows にもこういうの搭載してみたらおもしろいのに・・。・・相当膨大になりそう。で・・でもVector さんあたりと協力して(ry)

(もちろん事前に、su で root 権限になるか、コマンドの前に sudo と打ってroot になってください。)

# yum install php-devel php-pear gcc httpd-devel

この1行で必要なプログラムが全てインストールされます。(インストールしますか? というメッセージを飛ばしたい方は、 –y オプションをつけて)

 

次に、pecl コマンドで apc をインストールします。

# pecl install apc

コマンドを実行して進めていくと、

Use apxs to set compile flags (if using APC with Apache)? [yes] :

こういう質問が出てきますので、構わず Enter キーを押せばOKです。
インストールはいい感じで進んでいきます。

 

最後に、php.ini に一行書いてくれ。と言われますので、

vi /etc/php.d/apc.ini

で起動し、[i] キーで挿入モードに入り、

extension=apc.so

と書いて、 Esc –> :q で終了。

あとは、

service httpd restart

で再起動すればOKです。

 

設置してみた結果として、グラフなどは示せませんが、
体感としてとっても早くなりました。
(他のサイトでグラフを掲載してあるサイトがありますので、そちらを参照してください。)

WordPress が遅くて困っているサイト管理人様。もしよろしければ導入してみてはいかがでしょうか。

Private