Windows 8.1 Update (Spring) を適用してみた


どうもみむらです。

何となく、わくわくして書きたくなったので。

無題

今日公開!と build で出ていましたので、早速 MSDN Subscription に接続してダウンロード。

 

一般向けに公開される際は、Microsoft Update の一つになったりするとおもいますが、
MSDN Subscription のユーザ向けには .msu ファイルの入った zip ファイルで提供されていました。

無題3

 

ということで、順番通りにインストール-。

image

 


インストール完了:

 

*スタートスクリーンでは無く、デスクトップが表示されるようになる。

image

タスクバーを右クリックし、プロパティをクリックすると出てくるこの画面。

ここの「スタート画面では無くデスクトップに移動する」のチェックが
既定で有効
になりまして、スタートスクリーンでは無くて、
デスクトップがいきなり表示されます。
(タッチなマシンだと、ここも変わってくると思います。)

・・もちろん、ここのチェックを OFF にすれば、従来通りの挙動になります。

 


*タスクバーにモダン UI のアプリも並ぶ

image

次に気づくのは、タスクバー上にモダン UI のアプリがいること。
ちゃんとマウスオーバーすれば普通のデスクトップアプリと同じように表示されます。

image

これも、「Windows ストアアプリをタスクバーに表示する」を OFF にすれば切ることが出来ます。

そして、このあたりも普通のデスクトップなアプリと同じようなことが行えます。

image

×ボタンを押して閉じるとか。

image

 


*スタートスクリーンに電源オプションがつく

image

スタートスクリーンの隅っこに、こんな感じでボタンが増えます。

ちなみに、アップデート適用前はこんな感じ:

無題

 

でもって、ここからも電源が切れたり、再起動できたりします。

image

 

もちろん、従来通りチャームを呼び出してもOK

image

 

 


*タイルを右クリックすると、メニューが出るように

image

アップデート前は、タイルの並び替えのモードに入りましたが、
今度からは右クリックメニューからアンインストールやライブタイルの ON/OFF などが
切り替えられるようになります。

 


*ストア版の IE で、タブ表示が既定になる。

image

ストア版 IE で、こういう感じで画面下部にタブが出続けるようになりました。
もちろんコレも、設定で切ることは出来ます。

 


*ストアアプリの上にマウスカーソルを持って行くと、閉じるボタンが出るようになる。

image

 

今までですと、画面上を掴んで、下に下げる・・なんて動作をマウスで行っていましたが、
アップデートされると、画面上部にマウスカーソルを持って行ったときに
最小化と閉じるボタンが出ます
ので、ここで管理できるようになります。

そして、このアプリを画面横に並べたりする際は、
今までのように「手の形」にして動かさなくても、
この黒い部分をドラッグすれば動くようになっています。

(デスクトップアプリのタイトルバーにほぼ近い挙動をします。)


*OneDrive

image

今回のアップデートで、ちゃんと名前が修正されたようです。

 


*PC設定の画面下部に「コントロールパネル」へのリンクがついた。

image

 


・・・ぱっと見つけたのはこのあたりでしょうか。

一般向けには 4月8日に公開されるそうですが、
MSDN Subscription を持っている方は入れてみてはいかがでしょうか。


細かいところが使いやすくなっていて、よいアップデートかなと思います。

(また、Build 内で公開されていたスタートメニューに関しては含まれていませんでした。 さすがにアレを見たときに「スタートスクリーンに慣れてきたし・・」と思っていたので、ある意味含まれないのはアリなのかなと。)


 

関連記事