XP or Vista をネットワークインストール


とりあえず、ここ2,3日試行錯誤して出来たのが、

PXE を用いたネットワークブートによる、XP or Vista のインストールです。

たぶん、同様の方法を利用すればNT系のOSはすべて入れられると思います。が試していません・・。でも感覚的にいけそうな気がします。

そしてまず断っておきたいこととして
1.DOSを利用しないブートのため、9x系とかDOS を入れる方法ではない。
2.メモリをちょっと食います。
3.PXE サーバ、及びDHCP サーバ、TFTPサーバが必要となります。

ということです。

とはいっても メモリは実験機が512MBでしたので、軽々動作すると思いますし、
またPXE、DHCP、TFTPサーバはインストールする際のみ動かせばいいかと。

とりあえず、今回のケースは、
・FDDなし
・光学ドライブなし
・USBメモリ修学旅行先で紛失

という状況で、その上OSが起動しなくなると言う悲しすぎる状態になり、ネットワークブートでのインストールを行いました。

用意する物:

1.Windows PE 2.0 (Windows AIK に付属)

ダウンロード先
Windows Vista SP1 および Windows Server 2008 用の自動インストール キット (AIK)

2.Windows インストールメディア (XP, Vista 等)

3.TFTP,DHCP サーバ
Windows : TFTP server (DHCP機能も含まれています)

Linux (今回は Fedora 系の CentOS で行いました。)
パッケージ : dhcp,tftp-server

 

Linux の PXE で起動できる方法までの説明は、申し訳ございませんが、

CentOSで自宅サーバー構築

LinuxのPXEを使ってWindows PEをネットワークブート – adsaria mood

等のページを参照してください。

 

ターゲットのPCで起動できる状態になりましたら、
ホストPC、もしくは別のPC(Windows or SMB) でインストールしたいOSのデータを共有します。

# Vista で共有を掛ける場合は、 Everyone で共有を掛けるようにすると楽です。

 

その後、ターゲットのPCにおいて、

net use (ドライブ名) (パス) /User:(ユーザ名) (パスワード)

を入力し、利用可能な状態にします。

 

Ex) コンピュータ名 “Server” で XP という名前で Everyone で共有を掛けた場合
net use D: \\Server\XP /User:Everyone *

 

接続完了しましたら、
インストールするOSが Vista の場合 は直接 setup.exe を。
XP の場合は bcdedit を用いてブートローダを設定した上で i386 フォルダ内の winnt32.exe を実行

Ex) Vista のインストール

D:
setup

Ex) XP のインストール

D:
I386\winnt32

XPインストールに際し、もし起動時にエラーが発生する場合は、
bootsect というツール (Vista のディスクのboot フォルダ内にある)
を用いて、 bootsect /nt52 ALL というコマンドを実行することで修復可能です。


 

関連記事