アドレス」タグアーカイブ

YAMAHA ルータでDHCP のスコープごとに、通知する WINSサーバや DNSサーバのアドレスを変える


みむらです。

YAMAHA ルータを使用している環境で、
DHCP のスコープごとに WINS サーバのアドレスや DNS サーバのアドレスを変えてみる話です。

需要としては、
VLAN を切って複数のネットワークを構築していたりとか、接続口ごとに用途を分けていて、
内部のネットワークと、ゲスト用ネットワークを分けている場合などにおいて、
単に、”wins server hogehoge” と書くと、全部に通知されてしまうのですが
内部のネットワークのみに通知して、それ以外には通知しないようにする、とか。

あとは同様のネットワークで、YAMAHA ルータの DNS サーバにて独自のレコードを記述してあって
ゲスト用からは YAMAHA ルータの DNS サーバではなくて
他のサーバに問い合わせに行くように指示したいとか。


つかうもの:

“dhcp scope option” コマンドを使う。

使い方:

例)

192.168.1.1/24 (LAN1) には WINS サーバ 192.168.1.2 を見せて、
192.168.2.1/24 (LAN2) には WINS サーバを見せない。

ip lan1 address 192.168.1.1/24
ip lan2 address 192.168.2.1/24

dhcp scope 1 192.168.1.10-192.168.1.200/24
dhcp scope 2 192.168.2.10-192.168.2.200/24

# wins server コマンドでは無く dhcp scope option にて指定する。

dhco scope option 1 wins_server=192.168.1.2


 


他にもいろいろと設定できるようで、
設定内容は http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/TCPIP/dhcp-scope-option.html ここを参照すれば書いてあります。

また、コマンド自体の説明は http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/manual/Ver.1.00/dhcp/dhcp_scope_option.html に。

 

たとえば見た感じ、 TFTP サーバアドレスと Boot File Name が指定できますので、
これを使えば緊急時のネットブート用設定も出来そうな雰囲気です。

あと NTP サーバや DNS サーバなどいろいろと個別に設定できるようで
いろいろと、夢が広がりますね。

NS レコードを書いて、外向けのIP アドレスを取ってこれるようにする。


みむらです。

FTPS をやろうとして、グローバルIPアドレス を取ってこようとしたときに、
今まで、昔使っていたドメイン名を一つ生かしておいて、そこから取得していました。

なんだかんだで面倒なことになったので、
今持っているドメインのうち、適当なサブドメイン名を一つ決めて、
そこに問い合わせたらグローバルIPアドレスが返るように設定することにしました。

 

環境:

CentOS 6.2
BIND 9.7.3-P3-RedHat-9.7.3-8.P3.el6_2.2

自分でドメインを持ってること。


・基本的な設定は済んでいる環境を想定しているため、そのあたりは割愛します。

 

たぶん大体、以下のような設定が書かれていると思います:
(ゾーンデータベースって言うんですかね・・?これ)

@       IN      SOA     example.com.  root.example.com.(
                                      2012052923
                                      3600
                                      900
                                      36000
                                      3600 )
              IN NS    example.com.
@               IN A      127.0.0.1
*               IN A      127.0.0.1

ここで、適当にサブドメイン名を一つ決めて、それに併せて NS レコードを設定していきます。

ex )

osoto.example.com のアドレスを問い合わせると、グローバルIPアドレスが返るようにする。
(それ以外はプライベートIPアドレスが返る。

自分が保持しているドメインに関して、外向きには ns.hogehoge.net というネームサーバが存在する。
(この辺は whois コマンドで調べるとおいしい。大体、ドメインの購入元の会社が提供してくれていることが多い。

 

この場合:

osoto         IN NS    ns.hogehoge.net

と書き加えます。

[サブドメイン名]    IN NS [外部のネームサーバ]

書き方はこんな感じ。

 

まとめますと、

@       IN      SOA     example.com.  root.example.com.(
                                      2012052923
                                      3600
                                      900
                                      36000
                                      3600 )
              IN NS    example.com.
osoto         IN NS    ns.hogehoge.net
@               IN A      127.0.0.1
*               IN A      127.0.0.1

こういう感じに。