Synaptics 社製タッチパッドで Windows 8 のジェスチャを無効にする。


どうもみむらです。
なんだかんだでほのぼの過ごしております。

先日、愛用していた VAIO VPCZ12AFJ から VPCZ21AJ に乗り換えました。

このマシンにも Windows 8 をインストールして試していたのですが、
どうも操作中にチャームが出てきたりスタートメニューが出てきたりで困っていました。

調べてみると、Synaptics のジェスチャとして、
Windows 8 では、タップ領域の右端からスワイプするとチャームがでてきたり、
左端からスワイプするとアプリケーションが切り替わったり、
上端からスワイプするとアプリバーが出てきたりとか。

タッチディスプレイならうれしいのですが、
さすがにタッチパッドですと、私の環境だと誤作動の原因となりますので、
ジェスチャを無効にしよう、ということで今回の記事の内容へとつながります。

 

ただこの機能を無効にするには、記事執筆現在でレジストリの編集が必要となるため、
あんまりおすすめはできません。

・・・はやくユーティリティ側で対応してくれるとありがたいんですが・・。

 

とりあえず、ジェスチャの詳細については、
http://www.synaptics.com/solutions/technology/windows8
こちらの公式ウェブサイトを参照していただければとおもいます。

 

・・・ちなみに、この記事の元ネタは、
http://www.intowindows.com/how-to-enable-or-disable-touchpad-gestures-in-windows-8/
このあたりから。

 

長くなりますので、記事をこの辺で分割します。

 

お約束ですが、
この方法は私が個人的に調べてまとめた物に基づいており、
公式ではないということと、これによって発生した損害については対応できません、ということ。

ただ、よりスマートにやる方法や、不足点などがあれば教えていただけたらありがたいです。


概要:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Synaptics\SynTPEnh\ZoneConfig\TouchPadPS2\
以下にジェスチャ系の設定が入っているので書き換える。

また、 SynTP 以下には基本的な操作とジェスチャのトリガー設定(?)が入っている様子。

レジストリデータを見る限り、 SynTP に則ってタッチパッドが動作して、
ジェスチャ動作を検出した際は、その処理を SynTPEnh 側に投げるようなんですが、
どうなんですかね。

 

今回は、 SynTPEnh 内の以下の項目を書き換えます。

レジストリキー ジェスチャ 実行結果
Left Edge Pull 左端からスワイプ アプリ切り替え
Top Edge Pull 上端からスワイプ アプリバー表示
(Windows ストアアプリ実行時)
Right Edge Pull 右端からスワイプ チャーム表示
Right Edge Pull Extended Zone 右端からタッチパッド中央付近まで長くスワイプ スタートスクリーン表示

また、これらのキー内の ActionType を書き換えることで、挙動の有効・無効を切り替えます。

 

なお、ここで紹介する方法を利用して発生した問題、障害については
当方は関知いたしません。

 

方法:


1.レジストリファイルを使用する

1.1.ファイルをダウンロード

Synaptics_Win8_Gesture.zip

上記ファイルをダウンロードし、展開します。

※ファイルに問題があった場合は連絡をお願いします。特に誤字脱字など。。

 

1.2.レジストリファイルを適用する。

image

展開しますと上記のようなフォルダが展開されますので、この中から変更したい項目のフォルダを開き、

有効にする場合は、 Enable_ で始まるファイルを、
無効にする場合は、 Disable_ で始まるファイルを開きます。

 

image

このような警告が表示されますが、 「はい(Y)」をクリックします。

image

このようなダイアログ[(i)マークのダイアログ] が表示されれば成功です。

(なお、ともにファイルパス部分を消去してあります。)

 

 

1.3. 再起動

必要な処理を行いましたら、(変更したい項目のファイルを開いて処理をしたら)再起動します。

 


2.自分で処理をする。

2.1.レジストリエディタで該当のキーを開く。

レジストリディタを起動し、
“HKEY_CURRENT_USER\Software\Synaptics\SynTPEnh\ZoneConfig\TouchPadPS2\” へ移動します。

 

2.2.上記の表を参考に、変更したいキーを開きます。

01

 

2.3.”ActionType” の値を変更します。

ActionType をダブルクリックし、編集ダイアログを表示させます。

02

ここの値を、

無効にする場合は0

有効にする場合は2

値を変更し、 “OK” をクリックします。

 

2.4.レジストリエディタを閉じて再起動します。


Windows 8 が発売されて、数日経過しますが、
今後どのようになるのか、新しいもの好きの私としては気になっています。

 

P.S.

Microsoft Student Partners 主催 Windows ストアアプリ開発の会 in 東京
http://atnd.org/events/33505

このような会が11月11日に実施されます。
あくまでも学生向けのイベントとなりますが、興味のある方はいかがでしょうか。


 

関連記事