Twitterizer で UserStream を取得する。


みむらです。結構簡単だったのでぺけぺけ。

 


1.Visual Studio を立ち上げてプロジェクトを作る。

 

image

image

でけた。

 


2.Package Manager を起動して、 Twitterizer を入れる。

 

使い方および起動方法は以前書いた記事を : NuGet で簡単にパッケージを導入する

image

image

だん。

 


3.Twitter にアプリケーションを登録する。

 

https://dev.twitter.com/apps へアクセス。

image

画面の右上にある 「Create a new application」 をクリック。

 

image

こういう画面が出てきます。

 

ここでは、次の項目を入力します (なお、各項目は日本語でも問題ありません。):

項目名

説明

Name アプリケーションの名前を入力します。
10文字です。
やぎ、そしてやぎさん、ゆうびんさん。
Description どういうアプリケーションかという説明文を入力します。
10文字~200文字です。
めーと鳴いて、朝と夜を知らせるが、たまに昼間も鳴いてTL を荒らす。
WebSite ウェブサイトのアドレスを入力します。 http://mimumimu.net/
Yes, I agree 上に表示されている、Developer Rules Of The Road に納得できるのであればチェックをします。  
CAPTCHA 下に表示される2つの文字列を入力します。  

 

image

 

適当に入力したら、一番下の 「 Create your Twitter application 」 をクリックします。

image

こんな感じで、アプリケーションが登録されます。

 

この際、

image

ページの下の方の OAuth settings に表示されている、
Consumer keyConsumer secret をメモしておいてください。

(なお、このアプリケーションは記事投稿前に削除しているので、Key と Secret は無効です。

 


4.コードを書く。

 

Visual Studio に戻ってコードを書きます。

image

 

適当に書いてみたのが下記のコード:

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Diagnostics;
using Twitterizer;
using Twitterizer.Streaming;

namespace ConsoleApplication1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //
            // 先ほどメモした ConsumerKey と ConsumerSecret をここに入力。
            //
            string consumerKey = "GfX2lsqHQAyObh1vPaTUuQ";
            string consumerSecret = "ffLnE720PHwBHeZShGSEw6qTj5UQD1KgMoAqT9IhvuQ";

            //
            // アクセストークンを取得するために、ブラウザを立ち上げて認証ページを表示させる。
            //
            OAuthTokenResponse req = 
                    OAuthUtility.GetRequestToken(consumerKey, consumerSecret,"oob");
            Process.Start(OAuthUtility.BuildAuthorizationUri(req.Token).ToString());

            //
            // キーを入力させる。
            //
            Console.Write("YOUR KEY : ");
            string pin = Console.ReadLine();

            //
            // 認証情報を OAuthTokens に格納する。
            //
            OAuthTokenResponse actToken =
                    OAuthUtility.GetAccessToken(consumerKey, consumerSecret, req.Token, pin);
            OAuthTokens token = new OAuthTokens
            {
                ConsumerKey = consumerKey,
                ConsumerSecret = consumerSecret,
                AccessToken = actToken.Token,
                AccessTokenSecret = actToken.TokenSecret
            };

            //
            // 第1引数に認証情報、
            // 第2引数にクライアント名
            // 第3引数に取得に関する条件等を指定(今回は null)
            //
            var Stream = new TwitterStream(token, "侵略でゲソ", null);

            Stream.StartUserStream(null, null,
                    (x) => { Console.WriteLine("ID : " + x.User.Name + " - " + x.Text); },
                    null, null, null, null, null);

            System.Threading.Thread.Sleep(-1);
        }
    }
}

 

ちょっと一言:

この際、プログラムが動作しないようであれば、

大抵が .NET Framework 4.0 Client Profile を利用していることが原因なので、変えておきます。

 

1.プロジェクトファイルを右クリックして、プロパティを選ぶ。

 

image

 

2.「対象のフレームワーク」を 「.NET Framework 4」に変える。

 

image

読み込み直すかどうかのダイアログが出るので、「はい」をクリックします。

 


5.実行する。

 

image

 

「連携アプリを認証」をクリック。

image

 

見づらいですが、表示された番号と同じ物をアプリケーションに入力します。

image

うまくいくとこのように、ツイートがたらたら流れてきます。

 


2012/05/30 編集:

サンプルコードにおいて、
while(true) {} でループを回すと負荷がとんでもないことになるので、
メインスレッドを停止させるようにコードを修正しました。


 

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください