Python + Django してみた。 その2.とりあえずページを出してみる。


どーも。みむらんです。
というわけで、 第1回 の続きとして適当にぺけぺけと。

 

1. settings.py を編集する。

settings.py を編集して、 任意のアプリケーションを読み込むように指示します。

INSTALLED_APPS = (
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.sites',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
    # Uncomment the next line to enable the admin:
    # 'django.contrib.admin',
    # Uncomment the next line to enable admin documentation:
    # 'django.contrib.admindocs',
)

上記のようなことが書かれている箇所があるのですが、
そこに、

INSTALLED_APPS = (
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.sites',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
    'test_app',
)

というように、(最下行)
test_app (作成したアプリケーション名) を追記。

 

2. urls.py を編集。

urls.py を編集し、任意の URI へのアクセスを
任意のアプリケーションのコールバック関数に渡るように、 URI と関数を関連づけます。

”””
どの本読んでも、
みんなコールバック関数じゃなくて、関数やメソッドと書かれているから、関数と書いた方がいい気がしてきた。

・・他の言語での用語に合わせるならば、ハンドラとも書けそうな気がするけど、むー。 
”””

urlpatterns = patterns('',
    # Examples:
    # url(r'^$', 'test_project.views.home', name='home'),
    # url(r'^test_project/', include('test_project.foo.urls')),

    # Uncomment the admin/doc line below to enable admin documentation:
    # url(r'^admin/doc/', include('django.contrib.admindocs.urls')),

    # Uncomment the next line to enable the admin:
    # url(r'^admin/', include(admin.site.urls)),
)

デフォルトではこのようになっていますが、これを変更し、

urlpatterns = patterns('',
    (r'\$', 'test_app.views.home'),
)

という感じに。

こうすることで、全てのアクセスが、
test_app の、 views.py の中で定義されている、 home メソッドにて処理されるようになります。

第1引数は正規表現で記述しますので、
(r’^lang/(python|CSharp)/$’, ‘test_app.views.correct’)
なんて書き方も可能です。

 

3.views.py を書く。

先ほど作成した、アプリケーションのディレクトリへ移動して、
その中の views.py を編集し、処理内容を定義します。

views.py :

from django.http import HttpResponse

def home(req):
    return HttpResponse('Hello Django World !')

 

4.動かしてみる。

image

 

テキストが表示された!


 

関連記事