IronPython で .net を触る。


直前に書いた IronPython を C# から使ってみる。 の逆版。

使い方としてはまず、

import clr

とした後、

clr.AddReference

を利用して、 .net のライブラリへの参照を追加していきます。


例:

import clr
clr.AddReference("System")
clr.AddReference("System.Windows.Forms")
from System.Windows.Forms import *
form = Form()
form.Show()

image


追記事項として、先ほどの記事にも書きましたが、
Public なクラスしか読み込んでくれないので、 Protected や Private などが含まれるものは使えません。

生成したクラスのインスタンスの内部で、呼び出して使用するという場合でも、どうやら失敗してしまうようです・・。謎。

 

であであー。


 

関連記事