Excel のマクロを Python で書く。


みむらです。IronPython ってのがあるので、ちょちょいと。

仕組みとしては、Visual Studio の VSTO (Visual Studio Tools for Office) を使って、
Office 向けのアドインを作って、その中で IronPython を動かそうーってこと。

359870206

結果としてはこんな感じ!

とりあえず、VSTO の書き方とかは割愛して。

ソースはここに:
https://github.com/mimura1133/mm_Python_for_Excel

using Microsoft.Scripting.Hosting;
using IronPython.Hosting;

namespace ExcelAddIn1
{
    public partial class ThisAddIn
    {
        public static string Code = "";

        static ScriptEngine _python;
        static ScriptScope _python_scope;

        private void ThisAddIn_Startup(object sender, System.EventArgs e)
        {
            _python = Python.CreateEngine();
            _python_scope = _python.CreateScope();
            _python_scope.SetVariable("Application", Application);
            _python_scope.SetVariable("Function", Application.WorksheetFunction);
            _python_scope.SetVariable("Cells", Application.Cells);
        }

        private void ThisAddIn_Shutdown(object sender, System.EventArgs e)
        {
        }

        public static void Run()
        {
            var cc =_python.CreateScriptSourceFromString(Code);
            cc.Execute(_python_scope);
        }

        #region VSTO generated code

        /// <summary>
        /// Required method for Designer support - do not modify
        /// the contents of this method with the code editor.
        /// </summary>
        private void InternalStartup()
        {
            this.Startup += new System.EventHandler(ThisAddIn_Startup);
            this.Shutdown += new System.EventHandler(ThisAddIn_Shutdown);
        }

        #endregion
    }
}

メインソースはこんな感じ!

Python.CreateEngine() で、 Python のエンジン作って、

Scope に対して、 SetVariable を使って、参照をがしがし。( python で言うところの、 import )

あと、どこかから Run が実行されたらコンパイルして実行する仕掛け。

動作例ですと、「Run」 ボタンですね。

これ使った場合、 Function 以下に、Excel の関数が存在していて、

Cells 以下に、各セル情報が入っているので、キー入力を捕まえてくれば、Python によるマクロも可能かも。

制作時間30分だから、とっても汚くて、実装がふざけた感じになっているけど、許してね。


 

関連記事