U-20 プログラミングコンテスト


情報化月間推進会議 / 経済産業省・文部科学省・内閣府・総務省・財務省・国土交通省
が主催する20歳以下の皆さんに対するプログラミングコンテストの最終審査会が、
10月1日に行われました。

公式ページ:
U-20 プログラミング・コンテスト

結果として、
第31回U-20プロコンで「GeoJapanesis」、「PiQ」、「SARA」の3作品に経済産業大臣賞 – ニュース:ITpro

最優秀賞である経済産業大臣賞に地図ビューワー「GeoJapanesis」、「PICエミュレータ PiQ」、「擬似言語シミュレータ SARA」の3作品が選出された。

最終審査会に勝ち残った、経済産業大臣賞の以外の7作品が経済産業省商務情報政策局長賞を受賞した。


・KNOWALL LIBRARY 2.0
3次元グラフィックス・物理演算ライブラリ
京都コンピュータ学院 2回生 米山哲平氏

・カーレース
レースゲーム
愛知県高浜市立高浜中学校 2年 木下拓己氏

・Vis-LiTer
堀川高等学校講堂舞台照明シミュレータ
京都市立堀川高等学校 自然探究科3年 下村祥生氏

・スクリーンキーボードエディタ
ソフトウエアキーボード作成ツール
城県工業高等学校 情報技術科3年 笹木信吾氏

・FAL(深谷エアライン)システム
航空券販売Webアプリケーション
深谷商業高等学校 専攻科情報システム2年 FALチーム

・TreisPyles
ゲートボールゲーム
新潟コンピュータ専門学校 ゲームクリエーター科2年 Endless NEET’s

・ULO (Unidentified Launch Object)
アプリケーションラウンチャー
新潟コンピュータ専門学校 システム科2年 my.t


知り合いの所ではあれですね。
Knowall Library の作者さん。

あと、
深谷商高情報会計専攻科がU-20プログラミング・コンテスト入賞
FAL システムの作者のみなさん。

Knowall Library の作者さんは前から知っていた人で、
3D 系に関してものすごく開花したすごい人。
FAL の皆さんはとっても気さくな皆さんで、良い人だなーと。

 

ま・・まぁ、何を隠そうですね。私もその会場にいました。

どういう立場でその会場に入っていたかってのは、
Mimura’s Homepage – Software
もしかするとこう、私のウェブサイトを参照すると、わかるのかもしれません。

 

 

作品出品してました。

 

 

「擬似言語シミュレータ SARA」の紹介をしている人いますでしょ。
あれ、私の抜け殻です。クローンです。アンドロイドです。

 

 

・・いや、私です。このブログ、およびウェブサイトの中にはあいつが住んでます。

 

 

とりあえず、賞を受けた訳ですが、
受賞の際は、まじめに賞の名前を聞かずに、呼ばれたのでほほーい。と言ってみたらあれれー。という。そんな感じです。脳天気な私ですいません。

賞の名前は後から聞きました。

 


このコンテストに参加して、
超豪華審査員の皆さんと話ができたりしたのがとっても有益でした。うん。

セプキャンウェルカム みたいなことを言われたり、
超豪華でなーを目の前に、しゃべってしゃべってあんまり手を付けられなかったとか、
いろいろとネタはありますが割愛。

 

 

さて。

その後、大学では謎に取り上げて頂いて、
【受賞】U-20プログラミングコンテストで「経済産業大臣賞」受賞
どうなのねー。っていう印象は受けます。受けてます。怖いです。

その一方で、地元紙(千葉日報 2010年10月8日)では、
結構小さく載っているとの情報もあるような無いような。

千葉日報取っている人がいたら、是非とも是非とも見せてもらいたい物です。

後日談(10月16日)
新聞見ました。意外と良い感じで載っていましてびっくり。

 

とりあえず、なんだか記憶から吹っ飛ばしたくない経験だったのでこっちに書きましたが、
あれですかね。

 

U-20 の人で、プログラム書きたい or 書いているひとは、参加したらいいんじゃないかな。と思うわけです。

きっと面白いと思うんです。


 

関連記事


9 thoughts on “U-20 プログラミングコンテスト

  1. ははうえ

    お邪魔します。いいですね・・・学校が取り上げてくれて・・。
    うちの学校じゃ全然スルーされております(;;)
    なぜ?!

  2. みむら 投稿作成者

    ははうえ さん

    みむらです。
    Geojapanesis の作者のお母様でいらっしゃいますよね。
    受賞大変おめでとうございます。

    大会場での表彰式の際、(賞状を頂いた時の表彰式)
    隣の席で、開始まで一緒に話をしていました。

    学校がスルーしている可能性もありますが、気付いていない可能性も考えられます。
    一度学校側に、U-20 プログラミングコンテストのオフィシャルウェブサイトや、有名どころのニュース記事のURL をメールで伝えるなどして、
    コンテストの規模の大きさを伝えてみてはいかがでしょうか。

    SSH事業も行っているということですから、
    特に、「ウェブサイト上に学外のことは載せない」というようなポリシーがなければ載せてもらえるはずだと思います。

  3. Ve

    最初にヒが付くちょっと空気の読めない人(謎

    でも、応募作品や応募者はわかんないのかな?

    ちなみに俺もソフトウェアで通産省(ウン年前にあった省)の優秀賞持ってるんだけど、
    学校側に本物は取られちゃってね・・・。(謎

    後日、白黒コピーの賞状くれたもんだよ。・・・いらねえよ!!

  4. みむら 投稿作成者

    >Ve さん
    ああ・・w あの最高に痛い子ですね?w
    応募作品は、最終審査会に持ち込まれた作品しかわからないです。

    http://www.johogekkan.jp/procon/prize/
    いっちおー。

    私の場合は交渉して、賞状のマスターを貰って、コピーを友人と学校に。
    学校に取られると、何かと面倒ですからw

    とりあえず、予想ですが、あの子は出していないと思いますが、
    最近開発続けているやつがあるようなので、それでコンテスト出すのかも。
    ちなみに、来年はさらに忙しくなると思うのでコンテストには出しませんが、果たしてどうなることやら。

  5. Ve

    マスターあるのはいいねぇ。羨ましい。(謎

    もうHSPには戻ってこなそうだけど、
    プログラマーとして頑張っていってほしいね。
    めっちゃ上から目線でゴメン(謎

  6. みむら 投稿作成者

    >Ve さん
    がんばりますーw

    HSP は 最近「作品」を作ることは無いですが、
    未だに開発時の支援ツールとして元気よく活躍しています。
    あと、簡単なプログラムを作るとき。やはり使い慣れたHSPが使いやすいです。

    HSP を UNICODE にしたらHSP で作品を作るかもしれません。案外そういう物かもしれません (謎

    IRC が接続不能になって半年ぐらい経ちますが、
    もしや IRC チャネルがどこか別のところで稼働していたりしますかね?w

  7. Ve

    >もしや IRC チャネルがどこか別のところで稼働していたりしますかね?w
    いや、PHRのチャンネルは自然消滅しちゃったから
    連絡を取り合ったりする場は特にないね。

    でも、pさんはうちのブログなんかにたまに来てくれるぐらいだし。
    元hirotosiさんとはコンテストで再会して、作品のグラフィックなんかを手伝った。
    今は新しいMMORPGを作るらしい。

    あのプロジェクトは失敗しちゃったけど、
    色々得るものはあったと思う。

    まぁ、マップとかイベントとか頑張って作っていた人には悪夢かもしれないけど・・・(謎
    むちゃくちゃ良いスタッフが居たのに全く生かしきれてない感じが酷かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください