MS 実装の csharp コマンドである “csi” コマンドを使ってみた。


みむらです。

今朝方、新潟の日本酒を飲みに行こうかなぁ・・ ( http://anisec.jp/yuzawa/ ) と思っていた所、
鋭敏電子の秋月さんも「こっ・・これはっ・・!」となる記事を見かけ、
いても経ってもいられず、移動中の車内で試してみることにしました。

記事としては次の記事。
http://blogs.msdn.com/b/visualstudio/archive/2015/10/08/visual-studio-2015-update-1-ctp.aspx

Visual Studio 2015 の Update 1 CTP がリリースされましたよという記事なのですが、
その中に、”Visual C# Interactive Compiler..” というものがありまして、
どうも見てみると、 mono の csharp コマンドのようなことをするプログラムのようで、
これは確かめなければっ・・! ということで現在に至ります。


使ってみた:

image

TAB による推測が出ないので、少し入力しづらいという点はありますが、
C# らしいコードを普通に書いて、ごにょごにょできるのはとても素晴らしいと思います。


インストール方法:

ダウンロードの URL がとても見つけづらいのですが、
Visual Studio 2015 Update 1 CTP
ここからダウンロードが可能です。

セットアップを開始すると、
image

こんな感じのおなじみの画面でセットアップが行われていきます。

終わりましたら、 「Visual Studio コマンドプロンプト」から “csi” コマンドで起動できます。


 

関連記事