マルチディスプレイ環境での Win8 のタスクバーの挙動について。


そういえば、案外気づかれにくい箇所なのかもとふと。
タスクバーに関しても機能強化されてます。

image

こんな感じで2枚のディスプレイをつないだときに、両方にタスクバーが出ます。
(もちろん、メインディスプレイのみの表示も可能)

 

image

ただ、このタスクバー。 プロパティを開くと Win7 時代にはなかった
「複数ディスプレイ」に関する項目が増えています。

image

開いてみるとこんな感じ。 デフォルトは「すべてのタスクバー」になっています。

image

その場合はこんな感じ。

別々のディスプレイで Windows Live Writer と Paint.net を開いていますが、
タスクバーはどちらも同じ状態。

 

ここで、タスクバーボタンの表示先を
「開かれているウィンドウのタスクバー」に切り替えます。

image

そうするとこんな感じ。

image

メインディスプレイとして指定してある左側には、ピンと、そのディスプレイに表示されているウィンドウ。
サブディスプレイとなる右側には、そのディスプレイで表示している Paint.NET がタスクバーに表示されます。

 

こんな感じでカスタマイズができるようになっています。


まとめるとこんなかんじ:

「すべてのタスクバー」にした場合は、
開いているウィンドウの項目がすべてのウィンドウのタスクバーに表示されます。

image

 

「開かれているウィンドウのタスクバー」にした場合は、
ウィンドウが表示されているディスプレイのタスクバーにのみ表示されるようになります。

image


 

関連記事