Visual Studio で C++ のテストをするとき、ブレークポイントを貼れない時のチェックポイント。


みむらです。

相変わらずの長々としたタイトルですが、
このブログ、主に私自身が使うので(ぁ タイトルで内容が把握できた方が都合がいいのです。
・・・RSS リーダーとかで読んでる方ごめんなさい。

今回は、某プロダクトのコードを書いている時にはまった現象。

(環境は Visual Studio 2010 にて検証。


現象:

「ブレークポイントは現在の設定ではヒットしません。このドキュメントのシンボルが読み込まれていません。」
と出て、ブレークポイントを設定しても無効になる。

具体的には、ブレークポイントを貼ったところが実行時に無効状態になり、
マウスでポイントすると、上記メッセージがでる。

 

確認箇所および修正:

Google で検索しますといろいろなサイトがヒットしますが、
それらで指示されている部分をまず確認。

要約しますと次の通り。
(引用元 : http://ameblo.jp/waka21/entry-10289918886.html

・プロパティ構成が「Debug」か。
・Debug 構成でビルドされた lib, dll を使っているか。
・リンカ設定を確認し、きちんと読み込まれるように設定されているか。
・プロジェクトプロパティの構成プロパティ –> デバッグ –> 「デバッガーの種類」が正しく設定されているか。

今回はこれらをチェックしても改善しませんでしたが、以下の設定を確認して解決しました。

プロジェクトプロパティにおいて、
構成プロパティ –> C/C++ –> コード生成 –> 「最小ビルドを有効にする」 が 「いいえ(/Gm-)」
に設定されているかどうか。

ということで、「簡易ビルド /Gm」が有効になっていると、
ブレークポイントが貼れなくなることがありますので、填まっている方は是非確認をしてみてはいかがでしょう。


 

関連記事